2005年11月03日

男系女性天皇と女系天皇の違い

三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051103-00000001-yom-soci

三笠宮寛仁さま(59)が、自身が会長を務める福祉団体の会報で「女性天皇」に触れ、「歴史と伝統を平成の御世(みよ)でいとも簡単に変更して良いのか」と、疑問を投げかけられていることがわかった。

皇籍を離脱した元皇族の復帰や、元皇族を女性皇族の養子として皇位継承権を与えるなどの方法により、男系継承を守るべきだとの考えを示されている。
小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」は女性・女系天皇の容認を打ち出し、最終報告書の取りまとめに入ったが、この問題について皇族が考えを明らかにしたのは初めて。

寛仁さまの意見が掲載されているのは、福祉団体「柏朋(はくほう)会」の会報。
寛仁さまは「とどのおしゃべり―近況雑感」という題でエッセーを連載しており、その最新号で「政治問題で口出し出来ないのですが、会報は市販されておらず“身内”の小冊子と理解し『プライヴェート』に語るという体裁を取ります」と断って「女帝問題」を論じられている。

寛仁さまはまず、
「万世一系、一二五代の天子様の皇統が貴重な理由は、神話の時代の初代・神武天皇から連綿として一度の例外も無く、『男系』で続いて来ているという厳然たる事実」と強調。
〈1〉皇籍離脱した元皇族の皇統復帰
〈2〉女性皇族(内親王)に元皇族(男系)から養子を取れるようにし、その方に皇位継承権を与える
〈3〉廃絶になった秩父宮や高松宮の祭祀(さいし)を元皇族に継承してもらい、宮家を再興する――などの方法を挙げられている。

その上で、「陛下や皇太子様は、御自分達の家系の事ですから御自身で、発言される事はお出来になりません」とし、「国民一人一人が、我が国を形成する『民草』の一員として、二六六五年の歴史と伝統に対しきちんと意見を持ち発言をして戴(いただ)かなければ、いつの日か、『天皇』はいらないという議論に迄(まで)発展するでしょう」と結ばれている。

天皇や皇族は憲法上、政治的な権能を有しておらず、有識者会議はその意見聴取をしていない。

-----------------------------------------------
【蛇足】
民草…「人民」の雅的な表現。
「草」とついているから「俺ら庶民は雑草だと言うのか?」と思う人もいるかもしれないけど(実際に何人かいた)、それはただの勘違いなので悪しからず。
-----------------------------------------------


まだ書くつもりはなかったけど、三笠宮寛仁親王殿下の私的なご意見を拝見したのと、常駐スレでもちょうどこの話が出たところだったので、ちょっと書いてみようと思う。

まず結論から言うと、私は三笠宮寛仁親王殿下のご意見に全面的に同意である。
もしもこのまま皇太子殿下や秋篠宮殿下、その他の皇族方に「男系男子」がお生まれにならない場合は、旧宮家を皇籍復帰し、そのうちの男系男子が皇位を継承されるのが一番だと思う。



何故「男系」にこだわるのか。
答えは簡単。まずは下記の図をご覧頂きたい。
*クリックすると拡大されます。

aikosama-kodomo-keifu.jpg

上の図は、愛子様の御子が即位した場合の皇統図である。
http://www.geocities.jp/banseikkei/ より転載)

これを見れば一目瞭然であるが、愛子様の御子が即位された場合、神武天皇から続いた皇統が断絶され、愛子様の御子から新たな皇統(別の皇統)が始まってしまう。
但しこれは「愛子様の配偶者が男系男子ではない」場合だが、現状を鑑みるに、愛子様の配偶者が民間人になる可能性は否めないので(寧ろその可能性のほうが高いと思う)、愛子様の配偶者が「男系男子ではない」という前提で話を進める。


愛子様がご即位されるだけならば、問題はない。
愛子様ご自身は「男系の内親王殿下」であられるので、推古天皇や持統天皇といった歴代の女性天皇と同じく、愛子様も「男系女性天皇」となられる資格があり、神武天皇から続く皇統が正しく保たれる。
歴代の女性天皇は例外なく「男系女性天皇」であり、父方を辿っていくと必ず初代の神武天皇に繋がる。
●天皇位系図(参照)
http://watercrown.vis.ne.jp/keizu/tennou.htm

歴代の女性天皇には、二つのパターンがある。
推古天皇や持統天皇のように天皇の死後に即位された「皇后であられた男系女子」の場合と、元正天皇や孝謙天皇(称徳天皇)のように皇后ではないが即位された未婚の「男系女子」の場合である。
どちらも「次の天皇が即位されるまでの中継ぎ」という意味で即位されており、全員が「男系女子」である。

【歴代女性天皇】 *10代8人
・推古天皇(第33代)…欽明天皇(第29代)の内親王であり、敏達天皇(第30代)の皇后。
・皇極天皇(第35代)…茅渟王(敏達天皇の親王)を父に持ち、舒明天皇(第34代)の皇后。第37代の斉明天皇でもある。天智天皇(大化の改新の中大兄皇子)や天武天皇(大海人皇子)の母。
・持統天皇(第41代)…天智天皇(第38代)の内親王であり、天武天皇(第40代)の皇后。
・元明天皇(第43代)…天智天皇(第38代)の内親王。天武天皇と持統天皇の皇子である草壁皇子(皇太子)の正妃。
・元正天皇(第44代)…草壁皇子(天武天皇の親王)と元明天皇の内親王。
・孝謙天皇(第46代)…聖武天皇(第45代)の内親王。第48代の称徳天皇でもある。
・明正天皇(第109代)…後水尾天皇(第108代)の内親王。
・後桜町天皇(第117代)…桜町天皇(第115代)の内親王。

↑のリストを見れば一目瞭然だが、歴代の女性天皇は全員「男系の女性天皇」である。つまり、父方を辿ると必ず初代の神武天皇に繋がるのだ。
ちなみに、女性天皇は元明天皇(第43代)→元正天皇(第44代)以外は「男系男子」に皇位を譲られている。
*元正天皇(第44代)は、文武天皇(第42代。元正天皇の弟)の親王である聖武天皇(第45代。元正天皇の甥)が即位されるまでの中継ぎである。(元正天皇の母である元明天皇も、聖武天皇が即位されるまでの中継ぎ)(つまり文武天皇から聖武天皇までの間に、二人の女性天皇が中継ぎとして即位されている)



【ポイント】
・男系=父方を辿ると天皇に繋がる家系=初代神武天皇に繋がる=万世一系。何親等離れていても問題はない。
・女系=母親や祖母など女親を介して天皇につながる家系。
↓ ↓ ↓
・男系女性天皇=父方を辿ると神武天皇に繋がる。万世一系。
・女系天皇=父方を辿ると神武天皇に繋がらない=万世一系の皇統ではない=別の皇統


【問題点】
女系天皇の容認で何が問題かって言うと、万世一系が崩壊されるという事。
男系でなければ万世一系を保てない。
女系になれば万世一系ではなくなり、約二千年続いた歴史と伝統がなくなってしまう。


【誤解されやすい点】
「女性天皇」が駄目なのではない。
男でも女でも「女系天皇」が駄目なのだ。
「男系」ならば、天皇が男であっても女であっても問題はない。
ついでに、今上陛下もしくは先帝陛下と何親等離れていても問題はない。
つまり、愛子様のご即位は問題がないが、愛子様のご長男(父親が男系男子でない場合)がご即位されると万世一系じゃなくなってしまうのが問題な訳で。


【万世一系にこだわる理由】
万世一系のY染色体〜「女性天皇問題」は歴史の知恵に学べ
http://blog.mag2.com/m/log/0000000699/106528582?page=1#106528582
↑ここの、
7.「万世一系」のY染色体
8.「安全装置」としての宮家
…をご覧になればご理解頂けると思う。
抜粋・要約すると、「代々男親から男の子へと必ず継承されるY染色体が万世一系の皇統を保つ」という事が重要な訳なのです。

【転載】
「万世一系の皇統」とは、今上陛下や皇太子殿下、秋篠宮殿下が持たれているY染色体が、遠く後醍醐天皇や天智天皇、聖徳太子や日本武尊、そして初代・神武天皇まで遡ることができる、という厳然たる事実なのである。
愛子天皇が一般民間人と結婚されて設けられた女系男子が即位したら、この万世一系のY染色体の系統が断絶してしまう。
2千年もの間、我々の先祖がなんとか維持してきたこの伝統を、我々の世代が無知ゆえに破壊することは許されるのだろうか?

転載終わり。
私の常駐スレでも「男系女性天皇」と「女系天皇」の違いを知らなかった人が何人かいたのだが、世論調査で女系天皇に賛成している人の多くもこの二つの違いを知らないのかもしれない。(天皇制を廃止したい人はそれを知ってて賛成してると思うが)
私はたまたま日本史が好き+読書家なのでこの二つの違いは知っていたけど、普通は知らないよなーていうか、興味のない人は知らなくても仕方がないかなとは思う。興味がなきゃ調べないしね。
あの朝日の調査ですら80%以上の人が天皇制を支持しているのだから、万世一系の意味が広く知られるようになれば皇室典範を変えられるかもしれない。
冒頭の記事で三笠宮寛仁親王殿下が仰られているように、「国民一人一人が、我が国を形成する『民草』の一員として、二六六五年の歴史と伝統に対しきちんと意見を持ち発言」しなければ、それは変えられやしない。
今までも散々ブログに書いてきたけれど、国に対する意見はどんどん伝えたほうがいい。国民としての意見を国に伝える事は決して無駄な事ではないと思うんだよね。寧ろ伝えなければ何も始まらない。
てな訳で、関係各所の連絡先をご紹介しておきます。



【連絡先】
●安倍内閣官房長官
http://newleader.s-abe.or.jp/modules/contact/

●神道政治連盟国会議員懇談会
http://www.sinseiren.org/ouen/kokugikon.html

●自民党新人議員
http://www.powup.jp/jinken/list/

●全国議員サイト
http://gikai.fc2web.com/

●国民新党
http://www.kokumin.biz/ ※ご意見箱に書込可

●自民党本部
http://www.jimin.jp/
〒100-8910 東京都千代田区永田町1-11-23
TEL 03-3581-6211  FAX 03-5511-8855
自民党本部・公聴室:03-3581-0111
自民党に物申す:http://www.jimin.jp/jimin/main/mono.html
新憲法制定推進本部:https://youth.jimin.or.jp/kenpou/index.html

●首相官邸
http://www.kantei.go.jp/
TEL 03-3581-0101
ご意見募集 http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
小泉内閣メールマガジン(首相メールマガジンの意見欄も直接首相に届く)
http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/index.html

●内閣官房 内閣総務官室 「皇室典範 有識者会議」宛
http://www.cas.go.jp/index.html
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1
TEL 03-5253-2111  FAX 03-3581-7238
ご意見募集 http://www.iijnet.or.jp/cao/cas/jp/goiken.html



【初心者の為の手引き】
「政治家や国家機関にメールなんて出した事がないから敷居が高い」と思われるかもしれませんが、最初の一歩を踏み出せば案外簡単なものです。
初めての方は、自民党本部のメールフォームから出すといいかもしれません。
メールフォームには記入すべき事柄が設定されていますので、それらに記入した後は、メッセージ欄に伝えたい内容を書き込むだけで済みます。かなりお手軽に送れますので、お勧めです。

●自民党本部投稿フォーム
http://www.jimin.jp/jimin/main/mono.html

名前などの個人情報を出したくないという方は、首相官邸の「ご意見募集」のメールフォームをお勧めします。(メールアドレスはフリーメールでいいと思います)
●首相官邸 ご意見募集
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
*文字数制限があります。2000文字以内。




【この記事について】
転載・引用はご自由にどうぞ。
出来ればこの記事へ文中からリンクを張り、ついでにトラックバックを打って頂けると幸いです。(リファラの件数が凄いのでTBじゃないと確認しきれません)
●記事URL
http://upa-rupa.seesaa.net/article/8922357.html
●記事名
うーぱーるーぱー: 男系女性天皇と女系天皇の違い

上記に転載した「愛子様の御子が即位した場合の皇統図」の画像は、下記サイトからお持ち帰り(画像の保存)して下さい。
http://www.geocities.jp/banseikkei/
↑このサイトは2ちゃんねるの派生サイトです。
2ch系のこの種のサイトは広く知られるのが目的なので、転載・引用は自由にして良いと思います。その際はなるべくリンクを張りましょう。

蛇足ですが、私の名前は「うーぱー」です。フザケた名前ですみません。
時折コメント欄に登場する「るーぱー」は私の友人です。
二人合わせて「うーぱーるーぱー」。意味は特にありません。ただのノリですw

●旧宮家(2005/12/02追加)
http://upa-rupa.seesaa.net/article/10111573.html
旧宮家の男系男子が記載されている図です。

●女系容認問題に関する私的見解(2005/12/12)
http://upa-rupa.seesaa.net/article/10583659.html




【お勧めブログ】
●女系天皇とは?
http://blog.so-net.ne.jp/stonewell/2005-11-07
*stonewellさんが「サザエさん」の家族を例に解りやすく説明されています。
ご家族やご友人に女系天皇と男系天皇の違いを説明する際に用いれば、すんなりと理解してもらえると思いますので、是非一度ご覧下さい。

●女性天皇・女系継承の容認でいいのか
http://blog.goo.ne.jp/khosogoo_2005/e/03a5c58fba1abd95e9994de2287d87a3
*ほそかわ・かずひこさんのブログにて「皇室典範を考える会」(代表:上智大学名誉教授渡部昇一氏)主催の「皇室典範を考える集い〜「有識者会議」の見識を問う〜」という集会の詳しいレポートが記載されています。
この集会に参加された方々こそ「有識者」だと私は思います。

●寛仁殿下「文藝春秋」でのご発言
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/dc3ed005398c892986f7855c29f76f83/13
*ほそかわ・かずひこさんのブログにて『文芸春秋』平成18年2月号に掲載された三笠宮寛仁親王殿下の新たなご発言を紹介されています。

皇統断絶問題TBセンター
http://japan.arrow.jp/blog/
*皇室典範改悪に関するブログのトラックバックセンターが試験的に開設されましたのでご紹介します。




【拙ブログ関連記事】
日本人を差別して死にたい
http://upa-rupa.seesaa.net/article/6162152.html
(この記事のコメント欄はスルー推奨です・笑)
●抜粋
演題:在日韓国・朝鮮人と国籍 講師:李敬宰さん
ただ、在日が日本国籍をとるということになると、天皇制の問題をどうするのかという人がいますが、外国人がたくさん日本国籍を取ったほうが、早く天皇制は潰れると思います。
というのは、この先もどんどん外国系市民が増えます。
ある統計では、一〇〇年後には五人の内三人が外国系になるといいます。
そうなれば、日本で大和民族がマイノリティーになるのです。
だから、私はあと一〇〇年生きて、なんとしても
日 本 人 を 差 別 し て 死 に た い
です。これが夢です(笑)。
------------------------
天皇制を潰したい、天皇の価値を貶めたいと思うのは、左派系日本人だけではありません。
posted by (・∀・)うーぱー at 16:52| Comment(40) | TrackBack(92) | 皇室関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
TBありがとうございました。

貴ブログの主張に全面的に賛成いたします。

三笠宮寛仁殿下のご見解を読みました。
プライベートでも、皇族方のご意見をお聞きできたのは嬉しいことです。

さて、
今日、テレビでこの件について、有識者という触れ込みの、高橋なにがしが意見を述べていまして、
ものすごく腹が立ちました。
一方的に曰く「国民は80パーセントが女性天皇を容認している。旧宮家復帰などとは非現実的で、そういう考えはない」・・・などと、殿下のご意見を無視するかのような態度。しかも、すごく偉そうに。・・・むかつきました。

ナニサマなんでしょう!
この人に決める権限があるんでしょうか!!!

うーぱーさまには読んで頂けたかと思うのですが、

いまブログに
「昔も今も・・・お世継ぎをどうする」
「皇統をつなげた人・・・」というエッセイを書いています。

実は古事記・日本書紀の原本であるヲシテ文献にも、はるか古代にも例があったことを、
しっかり記しております。

ご一読頂ければ嬉しいです。
Posted by びーちぇ at 2005年11月04日 05:24
>びーちぇさん
こんにちは(・∀・)ノ
TBありがとうございます。
びーちぇさんの該当記事を拝見させて頂いたのですが、非常に興味深い内容で面白いですねー。
続きを楽しみにしております(*´Д`)
Posted by (・∀・)うーぱー at 2005年11月04日 17:14
トラックバックありがとうございました。
ものすごい簡単な遺伝地図を作ってみましたので、参考にどうぞ。
Posted by ahosidai at 2005年11月04日 18:07
初めでのトラックバック、ありがとうございました。
こんばんはR2MREです。

うーぱーるーぱーさんが書かれたことを読んで、私はここまで深い考察をしておりませんでしたからとても勉強になりました。新聞などでは特に取り上げられていなかった「女系」という意味もよく理解できましたし、理にかなった反論はなるほどと思わずにはいられませんでした。

コメントの中でびーちぇさんが
>国民は80パーセントが女性天皇を容認している
という引用をされていますが、私はそもそも国民の関心自体がそれほどあるようには思えません。習慣で毎日欠かさず見ている”ニュース7”でも『天皇』に関する話題は週に1回あるかないかの頻度でしか出てこないということからも察せると思います。

どうにかしてみんなが関心を持ってくれるようにしたいですね。
では駄文にて失礼致しました。
Posted by R2MRE at 2005年11月04日 18:34
 はじめまして、トラックバックありがとうございます。

 とてもわかりやすく書かれていて、男女同権だからとか、有名な推古天皇や皇極天皇は女帝だからとかいう理由で、女系天皇まで容認というお考えの方に是非読んでいただきたいと思いました。

 正直、このままでは皇統の断絶が現実になってしまうと思いながらも、なにもできずにいましたが、とりあえず抗議のメールを送ってみることにします。
Posted by Ak at 2005年11月04日 18:53
トラバありがとうございます。

こんな奥が深い理由があるからとは
知らなかったです・・・恥

男尊女卑が理由だと思ってましたが、
全然違うんですね・・・

勉強になりました、ありがとうございました
Posted by うっぽー at 2005年11月04日 19:49
うーぱーるーぱー様
TBありがとうございます。
日本の物語を守ろうという努力を微塵も見せない有識者達には、日本の正統をかたる資格は皆無だと思います。
心ある全日本人が覚醒すべき時ですね。
Posted by yoyo at 2005年11月04日 22:07
うーぱーるーぱー様
TBありがとうございます。

ネット上では関心が高いですね。
ウチにトラックバックくださる方もいらっしゃるくらいですから。。

各人が本当のことを知り、それこそ草の根運動でこの共産勢力(といってしまってますが)の野望を打ち破りたいと思います。
微力ながら拙ブログも発信し続けます。

これからもよろしくお願いします。
Posted by ポール at 2005年11月04日 22:35
はじめまして。このたびはTBどうもありがとうございました。大変分かりやすい解説で素晴らしいと思いました。女系天皇と(男系の)女性天皇の区別がついていない人が多すぎます。一番よく分かってるのが左翼の皇室廃止論者だったりします。
ネットで発信したり身近な人に知識を広めたりせねばなりませんね!私は両親を男系支持派に説得することから始めてみました。男系女系の区別を分かってもらうのに相当苦労しました。
Posted by 猫研究員 at 2005年11月04日 23:13
遺伝子論議には違和感がありました。歴史や文化、伝統の問題なんですから、SFじゃあるまいし、と思います。長く維持されてきたからというのも、もちろんそうなんだけど、どうも今一説得力が弱い。皇統2600年以上というと、今更何を言っているのかと笑われるのがオチだし。

やはり、違う男系になれば、易姓革命になるから、それはやってはいかんと。それは日本の国号を別のものに変えるに等しいと言うべきかと。
Posted by worldnote at 2005年11月05日 03:15
TBありがとうございます。

男系による万世一系の我が国の「天皇制」は
世界でも稀で大変素晴らしいものです。

男尊女卑と言われる人もおりますが
血の信仰=ケガレ であり
日本は大変「血」を重要なファクターとしています。

その中で、男系の血の存続がたまたま重要なファクターとなったわけで、決して男尊女卑の精神から綿々と続いたわけではありません。

私は女性天皇になってしまうことが、国民がよく考え十分議論した結果なら仕方ないと思います、嫌ですが。

しかし、今の有識者会議の面々やら一般の国民がそこまで真剣に考えずに変えてしまおうということに憤りを覚える次第です。

うーぱーさんのこの記事に私もTBさせていただきますね^^
Posted by 慶次 at 2005年11月05日 03:28
>皆様
纏めレスで失礼させて頂きたく存じます。
TB及びコメントをありがとうございます。

約二千年も続いた万世一系の皇統を私達の代で断絶させてしまっては、先人並びに子孫への申し訳が立たないと痛感致します。
「世界最古の王朝である」という事、また、「万世一系の皇統である」という事は、それはそのまま日本という国の歴史と伝統の正統性の証明でもあると思っております。

若い頃は「歴史の長さや伝統の重さなんて別にどうでもいいじゃん」などと考えておりましたが、大人になるにつれ、自分が日本人であるという自覚、自分が生まれ育った日本という国をもっと知りたいと思う欲求の芽生え、そして更に、国際社会の中での日本という国の役割と位置付けというものを考えるようになりました。
それらは全て、私にとって「日本人としてのアイデンティティ」に繋がるものだと思います。
日本国憲法では「天皇陛下は日本国の象徴」とされておりますが、日本国民の一人である私にとっては「皇室=日本人としての己のアイデンティティの象徴」なのだと思うようになりました。
自分の中に流れる日本人の血でもあり、日本の伝統文化の象徴でもあり。言葉で表現しきれないもどかしさを感じますが、一言で表現するならば、皇室は「日本国と日本人の源流」のようなものではないかと思っております。
その万世一系の皇統を少しも損ねる事なく次代へと継承していくのが、日本国民としての務めだと考えます。

他国の王室と比較する必要は感じません。
我が国には我が国の流儀があり、約二千年も続いた伝統を守るのが重要だと思います。
我が国が国際社会で尊重されているのも、何も経済大国だからというだけではありませんものね。
我が国には我が国にしかない歴史と伝統があります。
日本は経済・文化・伝統などあらゆる面で大変恵まれた環境にあり、特に現代人からすれば「何でも揃っているデパートで生まれた」ような状態にある為、長い年月をかけて築き上げてきたそれらがどれ程貴重なものかを自覚していないのだと思います。
これからはそれらの希少性を自覚し、大切にしていくのが課題かと考えております。

その為には、万世一系の皇統を守る事がひいては日本という国、そして私達日本人の誇りを守るのだという事を、広く認知していけたら良いと思います。
ブログの爆発的な普及により、このような大切なお話の闊達な意見の交換が出来るようになったのも、天の配剤かもしれませんね。
これを機に、少しずつでも認知されていけば良いと思います。
Posted by (・∀・)うーぱー at 2005年11月05日 05:48
TB有り難うございます。
有識者会議はまず女性天皇と、女系天皇の違いを世間に説明する義務があります。
それをまったくしていない。その違いをほとんどの人が知らないで、雰囲気だけで女性天皇賛成を言っています。
有識者会議のメンバーも問題があります。
大臣就任記者会見で問題発言した人や、男女共同参画者や…、このようなメンバーに皇室のご意見も聞かずに決めようとするのが間違いです。
Posted by misky730 at 2005年11月05日 10:08
トラバありがとうです

私も男尊女卑的意味も色濃くでて女系天皇容認の方向にいってると思います
情にほだされた伝統というのはドウなのだろうと思いますね。
この問題ひとつとっても(私を含めて)国民の無知さがでていますし・・話そうとしないお偉いさんと知ろうとしない国民の両方の歩み寄りがあればよいのでしょうが・
Posted by かえる at 2005年11月05日 11:20
だから、男系とか女系とかって言葉があるのだと思いますが、血のつながりには違いはないと思います。
Posted by 通りすがり at 2005年11月05日 11:33
勉強になる記事でありました、深々と拝見させていただきました。
敗戦後バシバシと西洋文化が垂れ流され、我が国特有の文化が侵食されてきたわけであります。政教分離などといった単語を元々の広義でとらえる和の心は、欧米人的に狭義でしかとらえれない今の日本人には情けなくも荷が重い話かもしれませんが、天皇制までいじくられたのでは、もはや我が国もこれまでだとおもいます。日本という名ばかりで中身は西洋。生きているだけでいいのか?、日本という誇りはないのか?これでは国家を守ることができているとは思えません。文章をかくのに慣れていないためよくわからんことになりましたが、ウーパーさん最高っす!こんな世の中だから頑張って下さい!
Posted by 団長はヒゲ at 2005年11月05日 13:02
本当にお詳しいですね。私も、女系天皇と女性天皇の区別もつかない、多くの国民の賛成から、啓蒙のつもりで、恥ずかしながら、掲載させてもらっております。
「米倉涼子が演じた女系家族」と「三笠宮寛仁さま☆ご立派」のタイトル二本です。

http://blogs.yahoo.co.jp/arasi_fuuto

Posted by arasi_fuuto at 2005年11月05日 17:48
TBありがとうございます。
万世一系の重要性はわかりました。
ですが、その信憑性があまりにも希薄であることを鑑みればその重要性をその一点で議論するというのはあまりにも議論として危ないのではないかと思いました。
男系でなければ伝統が守れないというワケでもないと思いますし。
大変興味深かったです。
Posted by 越中。 at 2005年11月05日 23:21
トラックバック、ありがとうございました。
Posted by オオカミおじさん at 2005年11月06日 01:36
TBありがとうございました。

皇統が「万世一系」であると信じられてきたことが、日本のいままでの歴史に及ぼした影響の多大さを鑑み、議論がよい方向に集約していくことを願います。Newton力学は現代物理学において否定されましたが、彼の物理学の発展における功績は何ら色あせることなく、今でも多くの学生が、彼の考え方を理解することから物理の世界へと足を踏み入れるのですから。
Posted by glasses at 2005年11月06日 18:34
>皆様
纏めレスで失礼させて頂きたく存じます。
TB及びコメントをありがとうございます。

有識者会議には本当に腹が立ちますね。
彼らの一体何処が「有識者」だと言うのか。中には勿論「有識者」もおりますが、ほとんどの者は無知極まりないと思います。
私から見て小泉首相は評価出来る点も多いのですが、今回のこの有識者会議に関しては憤りを感じます。

国民の意見を聞くつもりはないとの事ですが、一人でも多くの国民から意見が寄せられれば耳を傾けない訳にはいかない状況に追いやれると思います。日本は民主主義国家ですから国民を無視する事は不可能ですものね。
「男系を維持すべし」とお思いの方は、国家機関へ手紙なりメールなり電話なりの伝達手段を用いて、その意志を表明して下さいますと幸いです。
Posted by (・∀・)うーぱー at 2005年11月07日 04:07
TBありがとうございました。

女系天皇・女性天皇議論では、愛子様の皇位がどうか、という点が議論の一つの的になってますが、私が自分のブログに書きましたように、今の皇室典範のまま次の天皇位継承まで進むと、皇統を次ぐのは秋篠宮眞子様となります。皇室典範を変えるタイミングで、同じ女性天皇でも愛子様か眞子さまか対象が異なってしまうという点は、もっと強調されてよいかと考えてますが、いかがでしょう。

なお、私のブログでは男系・女系をサザエさん一家になぞらえて説明しましたので、一般向けのわかりやすい説明の見本として、参考にしていただけたらと思います。
Posted by Stonewell at 2005年11月07日 17:59
分かりやすい文章でグッドでした。
助かります。
Posted by 缶 at 2005年11月07日 18:25
TBありがとうございます。
私も『「男系男子」がお生まれにならない場合は、旧宮家を皇籍復帰し、そのうちの男系男子が皇位を継承される』との意見に賛成です。国民がもっと関心をもって安易に「女性天皇」容認へ流されないようにすべきです。その意味でも三笠宮様のニュースはタイムリーで良い機会を提供していただいたと思います。貴プログを読んで問題点を理解される人が増えると良いですね。
Posted by エヌタク at 2005年11月08日 10:24
初めまして、「Human Style.com<〜ヒューマンスタイル.com〜>」と言うブログを運営するニッシーと申します。
三笠宮寛仁親王殿下のご意見についての記事を検索したところ、こちらのブログを見つけました。
とても考え深く読ませて頂きました。私も運営するブログにて女性・女系天皇容認問題について書いていますので、読んで頂ければと思います。
さて、唐突ですが、よろしければ「Human Style.com<〜ヒューマンスタイル.com〜>」と相互リンクしませんか?
既に、「ヒューマンスタイル.com」にはこちらのブログはリンク集に追加されていますが、よろしければ、こちらのリンク集にも追加して頂きたく思っております。
よろしくお願いします。
Posted by ニッシー@「ヒューマンスタイル.com」管理人 at 2005年11月08日 12:57
TBありがとうございます。
私もつい最近まで「女性天皇って女系?」という感じで無知そのものでした。
皇室とはこんなに奥深いものだと知り、今更ながらに「日本ってすげー財産持ってるんだ」と驚いております。
るーぱーさんのエントリー、非常に分かりやすく参考になりました。
言われてみれば聖徳太子も皇族のY染色体をもってるんですね。聖徳太子と同じY染色体を皇太子殿下も秋篠宮殿下も持っているんですもんね〜 よくよく考えてみれば恐ろしく壮大な事実です。
Posted by kits at 2005年11月08日 15:45
トラックバックありがとうございます。
うーぱーさんのブログをみて、たくさんのかたが興味をお持ちなのがよく分かり。
勇気付けられました。
Posted by たたみ at 2005年11月08日 22:20
TBありがとうございます。
非常に詳しい記事でとても参考になりました。
Posted by eclypso at 2005年11月09日 00:05
トラバ有り難うございましたm(_ _)m
これまでウチの「KNN TODAY」では、この問題を冷静に取り上げてきたのですが、もはや我慢の限界。レポ作成したので、お暇な時にでもご笑覧下さい。
ホント、関心のある方がたくさんいてホッとします。
Posted by KNN at 2005年11月09日 00:11
TBありがとうございました。
大変勉強になるページで御座いますね。今後も参考にさせて頂きます。18日の中野ゼロホールでの国民集会に参加頂けたら幸いです。敬具
Posted by くちなし at 2005年11月09日 08:05
トラックバックありがとうございます。
とてもわかりやすくまとめておられ、頭の整理ができて非常によかったです。
わたしも女系には反対なのですが、あまりにも国民が天皇について漠然とした意識しかもっていないので非常に危機感をもっています。
テレビなどで天皇の歴史を詳細に解説してもらえれば理解が深まり一番いいのですが・・・
Posted by もぐら at 2005年11月10日 02:25
>皆様
纏めレスで失礼させて頂きたく存じます。
TB及びコメントをありがとうございます。

Y染色体に関しては「後付けだなー」とは私も思うのですが(笑)、万世一系の正統性を訴える材料のひとつにはなると思います。
事実、現在の皇統は例外なく男系で続いておりますし。

「何処かで途切れている可能性」というのも私としては無きにしも非ずだとは思いますが、公的には「初代神武天皇から万世一系で続く皇統である」とされているので、それを覆すだけの確たる証拠が出てこない限りは万世一系の正統性は有効だと思っております。(どのみち確たる証拠など出てくる筈がないし、出てきたところで信憑性はないと思います。検証出来ませんから)

初代神武天皇の実在性についてですが、「130歳まで生きていられる訳がないから架空の人物だ」という説もあれば、「当時は現在の一年間を二年間として数えていた(半年を一年と数えていた)から、紀元前660年からというのは事実と反するとしても神武天皇は実在していた」という説もあります。
これも確認のしようがない事ですので、これも「公的にはそうなっている」という事実(米国CIAの日本国のページにも「建国は紀元前660年」と記載されています。他国でも一応は公的にそうされている、というのが重要)を前提にしています。


ここからちょっとだけ個別にレスさせて頂きます。
>Stonewellさん
ご紹介頂いた記事を拙ブログからリンクを張らせて頂きました。

>ニッシーさん
拙ブログの右側メニューの「お気に入りリンク」は人権擁護法案や外国人参政権などに関する纏めサイトを一人でも多くの方にご覧頂く為に設けましたので、大変申し訳ないのですが追加は見送らせて頂きたく思います。すみません。

>KNNさん
他の記事も面白かったです。
Posted by (・∀・)うーぱー at 2005年11月10日 13:58
トラックバック、有り難う御座います。
すごく詳しいですね〜物凄く勉強になりました!!
しかし、これ程にたくさんの方々がこの問題に関心があるのですね。
改めて、この問題の大きさと言うか、日本人の心の中の大きな文化を思い知った感じがします。
こう言ったことによく耳を傾けて、有識者の方々は議論して頂きたいものです。
Posted by 花餅屋の太夫元 at 2005年11月11日 01:15
>花餅屋の太夫元さん
TBありがとうございます。
この問題に関心のある人は本当に多いですよね。
有識者会議は国民の声に耳を傾けても良いと思います。
Posted by (・∀・)うーぱー at 2005年11月11日 16:37
>管理人様
コメント、ありがとうございます。
了解です。
今後、何かありましたらトラックバックやコメントさせて頂く事もあると思いますが、その時は、よろしくお願いします。
Posted by ニッシー@「ヒューマンスタイル.com」管理人 at 2005年11月11日 18:35
>ニッシーさん
こちらこそ今後とも宜しくお願い致します(・∀・)ノ
Posted by (・∀・)うーぱー at 2005年11月14日 15:49
■■■■■ 管理人より ■■■■■

久しぶりにコメント欄を開放してみました。
これより以下に頂いたコメントには、管理人(うーぱー)からのレスはつけられません。
なお、この記事のコメントは承認制に設定してありますので、悪戯・誹謗中傷・公序良俗に反する内容などの場合は、管理人権限において削除させて頂きますので予めご了承願います。

女系問題に関してはまだまだ書き足りないのですが、諸事情により忙殺されておりますので暫くは書けそうにありません。
時間がないので全てはご紹介出来ませんが、私が書けなかった事を詳しく記述されているブログやサイトを、この記事内にて近日中にリンクを張らせて頂きたく思います。

それと、この記事を2chやしたらば掲示板に投下するのは一向に構いませんが、女系天皇問題とは無関係のスレッドにまでマルチコピペするのは止めて頂けたら幸いです…。
(・A・)マルチイクナイ
Posted by (・∀・)うーぱー at 2005年12月02日 16:19
女性天皇にこんなにもリスクがあるとは知らず、驚きです。
僕は女性天皇賛成!…と何も知らずに言ってたのが恥ずかしく感じてます。

この事を国民みんなが知るべきだと思いましたし、有識者(?)は国民に教えるべきだと思いました。僕のように何も知らない国民は大勢いると思いますから。上層部の連中はかんかないですな。

遺伝子のこと、とても説得力があるように感じました。
とても詳しく、わかりやすい記事でたいへん勉強になりました。
Posted by こーすけ at 2006年01月05日 22:43
現実的に考えて、貴殿の言うように「女性天皇」即位には、すぐに皇室典範を改正して認める事とし、「女系天皇」については今後の課題とするにした方が、多くの世論の支持を得ると思う。
ただ、外国人問題については、外国人が国政選挙に関わることは出来なくても、地方自治選挙には「自治住民の権利」として関わるべきものだと思う。
Posted by バンブトンコート at 2006年01月28日 10:44
私も女系天皇反対でブログに記事を書いたことがあります。Y染色体論はY染色体自体の発見が最近のことなので跡付けです。でもY染色体というのはほとんどそのまま遺伝していく染色体なんですよね。でも昔の人は知らないことです。あと血統のことを言う人がいますが、血統の問題でもありません。男系でも女系でも血の薄まり方は一緒ですから。ある伝統に基づいて権威づけされ、それが2600年以上続いているということが重要なのであると思います。なぜこういう皇統継続になったかは諸説あってよくわかりません。しかし途切れると2度と取り返せません。権威がなくなるきっかけにもなりかねません。世界で一番権威があるのは天皇と法王。いま皇帝はいませんから。それ以外のKingや大統領はその次です。首相はさらに下ですね。アメリカ大統領が最敬礼するのは、天皇と法王です。
Posted by delideli95 at 2006年02月06日 22:22
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8922357
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセー
Excerpt: 「三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセー」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比...
Weblog: ブログで情報収集!Blog-Headline
Tracked: 2005-11-03 18:45

皇室典範に関する有識者会議第六回五
Excerpt: 皇室典範に関する有識者会議(第六回)議事要旨五平成十七年五月三十一日(火)午後四時〜於三田共用会議所大会議室 (続き)光格天皇でありますが、近年、研究が随分進んでいるようでございまして、近代天皇制度の..
Weblog: 悪の教典楽天市場店
Tracked: 2005-11-04 00:38

皇統をつなげた人「トヨケカミ」その1
Excerpt: 「トヨケ」さん、イミナ(実名)「タマキネ」さんは、5代「タカミムスビ」であり、
Weblog: びーちぇの「ヲシテのクニ」
Tracked: 2005-11-04 04:48

三笠宮寛仁さま:女性天皇容認に疑問/日朝協議1年振り再開
Excerpt: ↑拙作です↑1. 三笠宮寛仁さま:女性天皇容認に疑問読売新聞から:三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセー 三笠宮寛仁さま(59)が、自身が会長を務める福祉団体の会報で「女性天皇」に触れ、「..
Weblog: メフィスト賞受賞者津村巧のテレビ・世相日記
Tracked: 2005-11-04 08:08

人道的だって・・/三笠宮様の私見
Excerpt: 北川某なる馬○女が北の人道的措置・・馬鹿馬鹿しい・・により帰ってきた、帰ってこなくたっていいのに。北もどうやって利用しようかと考えていたんだろうね。あんな女性の取材も報道もする必要はないのになぁ。何が..
Weblog: まい・らびりんす
Tracked: 2005-11-04 10:19

書かずにおけるか!皇室問題!
Excerpt: 恐るべき小泉政権の究極の不敬かつ反日的行動の核心が、この女系天皇ごりおし暴挙であります。 「皇室の廃絶よりも更に恐ろしい新しい皇室の出現」と「世界最後の皇室の滅亡」、そして、その様な恐るべき愚行を推進..
Weblog: 三輪のレッドアラート!
Tracked: 2005-11-04 12:20

女帝容認は危険思想?
Excerpt:  女帝容認は時代の流れ。。。と漠然と思ってましたが、実は違うようです。日本の象徴=天皇、つまり、女帝容認=女性が家を継ぐことを容認を内在する危険な思想です。 日本の伝統は、男性が家を継ぐということです..
Weblog: すーさん’s アイ
Tracked: 2005-11-04 12:39

寛仁親王殿下御発言
Excerpt: 既にご存知の方も多いと思います。 三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセー 寛仁さまはまず、「万世一系、一二五代の天子様の皇統が貴重な理由は、神話の時代の初代・神武天皇から連綿として..
Weblog: 神社を巡る旅
Tracked: 2005-11-04 12:47

皇室典範を改悪してどうする
Excerpt: まったく・・・だんだん腹立ってきた 女帝問題はスルーして他の人に任せとこうと思っ...
Weblog: Let's blow!毒吐き@てっく
Tracked: 2005-11-04 15:04

三笠宮寛仁殿下
Excerpt: 久し振りに肯定的に受け止められるニュースがあった。 それがこれです。ソースはこちら。 このままズルズルと持っていかれたら果してどうなるのか。 そう心配しておりましたが、ようやく皇室周辺から声..
Weblog: 我龍窟
Tracked: 2005-11-04 17:43

女性天皇容認問題の私心
Excerpt: ちょっと今まで触れていませんでしたが、三笠宮殿下がご発言なさったという記事を佐倉純さんの桜日和で紹介されていたので私も少し触れておきます。〜引用開始〜三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセー..
Weblog: ニッポンのこれから
Tracked: 2005-11-04 17:51

三笠宮寛仁親王殿下
Excerpt: 三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセー | YOMIURI ONLINE  女系天皇のことについて、皇族の方のご意見をはじめて読ませていただきました。  全文が読めないものか、探したの..
Weblog: Ak weblog
Tracked: 2005-11-04 18:55

女系は反対
Excerpt:  三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセー  三笠宮寛仁さま(59)が、自身が会長を務める福祉団体の会報で「女性天皇」に触れ、「歴史と伝統を平成の御世(みよ)でいとも簡単に変更して良い..
Weblog: ステイメンの雑記帖
Tracked: 2005-11-04 19:48

三笠宮殿下が良いことを言った!!
Excerpt: 文化の日は諸事情で多忙でしたので、何もエントリできませんでした。 代わりにatsuさんところで読んだネタを紹介してお茶を濁します。 このエッセイが文化の日・明治節にこのネタが出てくるあたり、素晴らし..
Weblog: 桜日和
Tracked: 2005-11-04 21:37

日本の正統を護れ
Excerpt: 皇室典範改正、慎重審議求め声明 女系天皇反対の学者ら2005年10月21日19時18分 首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」が、母方だけ天皇の血筋に属する女系天皇も容認する方針を固めたと伝..
Weblog: 世よ!
Tracked: 2005-11-04 21:53

三笠宮寛仁殿下が女性天皇容認に疑問−初めて皇族の率直なご意見
Excerpt:  皇室典範に関する有識者会議は「天皇や皇族は国政上の権能を有しておらず、天皇や皇族に皇位継承問題でお伺いを立てるのは憲法違反」と妄言を吐いて、断固として皇族からのご意見を聞くことを拒否して拙速に女系天..
Weblog: 猫研究員の社会観察記
Tracked: 2005-11-04 23:14

皇位継承、男系にこだわる理由
Excerpt:  皇位継承の原理は男系の伝統を守るべきだと考える理由を、今回は少し別の角度から書いてみたいと思う。  「有識者会議」が提唱している継承方法は、実は純粋な「女系」とも呼べない。純粋な女系らば母方の血をさ..
Weblog: 猫研究員の社会観察記
Tracked: 2005-11-04 23:16

皇室典範の改正について
Excerpt: 女性・女系天皇容認で一致 皇室典範改正案を提出へ 日本国憲法、第1条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。 天皇陛下が女性で..
Weblog: 40代の私にとっての最新情報・重要ニュース
Tracked: 2005-11-04 23:21

三笠宮??仁親王殿下は女帝(女性天皇)に反対だそうです。
Excerpt:  まあ、皇室典範を云々する有識者会議とやらの有識者がどれほどの者かは知りませんし、彼らが欧州で主流となりつつある第1子相続や、英国等に見られる男系優先だが女子しかいない場合は女系も可とする、という相続..
Weblog: ブログ
Tracked: 2005-11-05 00:08

女系天皇――無意味でせう……
Excerpt:  小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」が25日、女系天皇を容認する最終報告をまとめに入つたといふ。とんでもない話だ。が、ここでは男系男子云々、あるいは女系否定の難しい議論は一先づ措く。..
Weblog: 福田 逸の備忘録―独断と偏見
Tracked: 2005-11-05 00:25

安直な女性天皇容認は天皇制崩壊の危機に繋がる
Excerpt:  昨日は、文化の日であった。日本の誇れる文化の一つとして、天皇制がある。20世紀最大の天才科学者であるアインシュタイン博士は、1923年11月18日、万世一系の天皇の国、日本、伝統が息づく日本文明を目..
Weblog: こん
Tracked: 2005-11-05 00:31

女系天皇問題??
Excerpt: 東京新聞 女系天皇容認論を懸念 三笠宮寛仁さま 会報のコラムに私見  三笠宮寛仁
Weblog: 一日考察 色々な感想
Tracked: 2005-11-05 03:12

女系天皇は易姓革命である
Excerpt: 普段買わない週刊朝日に興味深い記事というかコラムが載っていた。一つは女系天皇への疑問。同コラムの趣旨には全面的に賛同だ。ここで気づかされたことがある。それは、女系天皇がなぜ存在しなかったのか、極めて明..
Weblog: worldNote
Tracked: 2005-11-05 03:19

三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問
Excerpt: 〜〜発言概要〜〜寛仁さまはまず、「万世一系、一二五代の天子様の皇統が貴重な理由は、神話の時代の初代・神武天皇から連綿として一度の例外も無く、『男系』で続いて来ているという厳然たる事実」と強調。〈1〉皇..
Weblog: 一 夢 庵 風 流 日 記
Tracked: 2005-11-05 03:30

女性天皇・女系天皇
Excerpt:  政府の「皇室典範に関する有識者会議」(座長・吉川弘之元東大学長)は25日の第14回会合で、最終報告の取りまとめに向けた意見集約に入る。皇位の安定継承の観点から、女性・女系天皇を容認する方向だが、皇位..
Weblog: 〜怪物の鱗〜
Tracked: 2005-11-05 03:42

皇位継承問題
Excerpt: 皇位継承の問題について、総理大臣の私的諮問機関「皇室典範有識者会議」は、女系天皇を認めるべきとの結論を決め、11月末にも最終報告書として公表すると伝えられています。 これに対して、高崎経済大学の八木助..
Weblog: ニュースの研究所
Tracked: 2005-11-05 09:43

メディアは「女性天皇」と「女系天皇」の違いを説明せよ
Excerpt:  日本のテレビは概して皇室が好きです。レギュラーの皇室番組もありますし、ニュースやワイドショーは皇室にまつわる話題をよく取り上げます。時にはゴールデンで2時間特番なども組まれます。  視聴率が取れな..
Weblog: ぼやきくっくり
Tracked: 2005-11-05 10:37

第5号 女系天皇を阻止するためには
Excerpt: 女系天皇を認めるなどとふざけた事を言っているが、認める必要は全くない。 先に述べた「女性天皇を完全に肯定しない」事についての理由と共に、散々既出ながら阻止するためのただ1つの手段について論じた。
Weblog: 帝國愁報
Tracked: 2005-11-05 11:58

ヒゲの殿下、女性天皇に疑問
Excerpt: 三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセーこの問題、男女平等ということから女性天皇を容認するのはいかがなものか?歴史や伝統を全く無視しているのではないか。天皇家というものは日本..
Weblog: 伊豆の中心で、思いをさけぶ
Tracked: 2005-11-05 13:38

今日の新聞から
Excerpt: 今月から「読売新聞」が3ヶ月入ってきます。 今日はいくつか気になる記事がありました。 まず、三笠宮寛仁さんという方が、「女性天皇」には反対なのだそうです。 神話の時代からずっと”男系”できて..
Weblog: My Diary
Tracked: 2005-11-05 18:34

「女性天皇」
Excerpt: まぁ政府としては女性天皇を容認しようという流れのようである。 ンマー俺としてはどっちでもイイ話しで、天皇制がうまいこと機能してくれればイイと思っている。 だけど、どうやら女が天皇になったらイヤだっ..
Weblog: 恥争論
Tracked: 2005-11-05 23:22

日本の伝統を護れ!
Excerpt: 三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセー 三笠宮寛仁さま(59)が、自身が会長を務める福祉団体の会報で「女性天皇」に触れ、「歴史と伝統を平成の御世(みよ)でいとも簡単に変更して良いのか」と..
Weblog: いしずクンの憂鬱
Tracked: 2005-11-05 23:32

女系天皇を科学する
Excerpt:  改めて申し上げますが、女性天皇には反対していません。  でも、女系天皇には反対です。 ...
Weblog: The Blog of ウラ達ネット
Tracked: 2005-11-06 00:55

「三笠宮殿下発言」に関してのまとめ
Excerpt: 昨日の続きで、「皇位継承問題」と「三笠宮殿下発言」に関して、他の方のblog記事のレビューをもとに問題をまとめてみます。 まずは発言そのものですが、blog上で、三笠宮殿下のご発言(の要旨?)を..
Weblog: 俺 in JP
Tracked: 2005-11-06 03:33

皇位継承は如何にあるべきか?
Excerpt:  俺如きが論じるような事ではないが、一人の日本人として思ってることを述べておきたい。  というか、これまであちこちに書き散らしたことのとりあえずのまとめである。 1)男系男子への継承。 2)男系統..
Weblog: どこかにある場所
Tracked: 2005-11-06 18:14

旧宮家の皇族復帰
Excerpt:  一夜あけてTECHさんのところを覗いたが、午前十一時段階の現時点では昨夜の続きのような事は書かれてない。  旧宮家の皇族復帰についてのお考えなどはどうしたのだろうか?  記事の数が膨大になり、それを..
Weblog: どこかにある場所
Tracked: 2005-11-06 18:15

天皇の心
Excerpt: 元来、天皇というのは神道の神主の中にあって、最高位に位置する存在です。ちょうどローマ=カトリック教会の最高位がローマ法王であるようにです。昔から神主は「言挙せず」といいます。(<言挙>ことあげ:ことさ..
Weblog: 日本人の魂の蘇生のために
Tracked: 2005-11-06 22:42

伊勢神宮へのいざない
Excerpt: この数ヶ月は、夫の病気をきっかけにいろいろな神社をめぐる機会をおおくもつことが出来た。 11月1日から、会社への完全復帰を果たした夫。 伊勢神宮への参拝をしめくくりとして、この病気療養の旅は、ひと..
Weblog: 時空を越えてはるかかなた友人達へ
Tracked: 2005-11-07 08:24

有識者会議への異議
Excerpt:  三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセー 全文掲載 三笠宮寛仁さま(59)が、自身が会長を務める福祉団体の会報で「女性天皇」に触
Weblog: Tempus Fugit〜光陰矢のごとし〜
Tracked: 2005-11-07 09:24

日本:女性天皇と女系天皇はベツモノ@BBC
Excerpt: おひさです。行方不明だった数日間に色々とニュースがあったようですが、更に翻訳仕事があるのでボチボチ気負わず拾っていきます。リクエストあればコメント欄にどうぞ。 …………………………………………………..
Weblog: 今日の覚書、集めてみました
Tracked: 2005-11-07 16:22

男系へのこだわり
Excerpt: 以前女性天皇のことを取り上げた記事で、「男児がいないときに女の子を天皇にする、ということ自体に反対する人はほとんどいないんじゃないかと思う。」と書いてしまったが、これはまったく認識不足だった。TBをい..
Weblog: 好奇人の黒マソム
Tracked: 2005-11-07 19:35

皇位継承問題
Excerpt: 寛仁親王殿下のコメントで、にわかににぎわしくなった皇位継承問題、取り合えず結論は持ち越しになったようです。 これまで細かいことは知りませんでしたが、調べるとためになりました。 まず女性天皇と女系天..
Weblog: SEから社長へ、成長の記録
Tracked: 2005-11-08 08:06

三笠宮寛仁親王殿下のご意見
Excerpt: 「皇室典範に関する有識者会議」における女性・女系天皇容認の方針に対し、三笠宮寛仁親王殿下が疑問を呈されました。 これに関して、三笠宮様は会長を務める福祉団体「柏朋会」の会報において書かれたコラムで、..
Weblog: Human Style.com<〜ヒューマンスタイル.com〜>
Tracked: 2005-11-08 11:07

皇紀2665年明治節 救国の嚆矢
Excerpt:  11月3日、明治節。皇位継承問題に大きな一石が投じられた。しかも、一石を投じたのは皇室側。三笠宮寛仁殿下、万歳!!  三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセー三笠宮寛仁さま(59)が..
Weblog: 憂國のSea Sparrow
Tracked: 2005-11-08 11:13

女系天皇容認は??男女同権??論ではない!
Excerpt: ≪下図:Wikipediaを参考に作ってみました。クリックすると拡大します。≫
Weblog: 拾い猫日記
Tracked: 2005-11-08 15:58

女系天皇と女性天皇の違い
Excerpt: このカテゴリーでいいのかどうか定かではありませんが。。。 今ひとつ、女性天皇と女
Weblog: 日々のくだらないかも...な出来事
Tracked: 2005-11-08 17:02

女系天皇と女性天皇の違い/Part??
Excerpt: 午前中に投稿した私の理解が不足していたようなので補足(^^ゞうーぱーるーぱーさん
Weblog: 日々のくだらないかも...な出来事
Tracked: 2005-11-08 17:27

女系天皇ってさ・・・
Excerpt: 弟に女性天皇と女系天皇の違いを一時間延々と説明したのにさっぱり手応えがなく疲れ果てたタカノです。 ニュースステーショングッジョブ!!! みなさんどうですか。 女系天皇賛成ですか。 たぶ..
Weblog: タカノ雑記
Tracked: 2005-11-08 19:37

女性・女系天皇
Excerpt: 注意しなければならないのは、女性・女系天皇容認論をおっしゃる方のなかには天皇制廃
Weblog: たたみのコラム
Tracked: 2005-11-08 22:30

女性天皇について思うこと。
Excerpt: まず言ってもしょうがないことから、行きますか。 一番悪いのは誰かって、直系男子に、こだわりすぎていた宮内庁がまず悪いと思っている。まあこれは、古墳調査などの許可を出さないことなどからの、旧態依然とし..
Weblog: 猫煎餅の偏頭痛ブログ
Tracked: 2005-11-08 23:01

きゃーー!
Excerpt: TBありがとうございました。
Weblog: 赤月 眠人の日常
Tracked: 2005-11-09 01:41

たかじんの委員会/女性・女系天皇と第三次小泉内閣
Excerpt: 今日のテーマは女系天皇と第三次小泉内閣。 ゲストは、民主党原口氏、デーブスペクター、三宅先生、田嶋先生、橋下弁護士、宮崎てっちゃん、ざこびっち。 まず女系天皇について。これ私は神道の家に居てあ..
Weblog: avalon◆keiko's Blog◆
Tracked: 2005-11-09 02:56

女性天皇っていたよね?
Excerpt: 天皇制について、わかっていそうでわかってない言葉、「男系男子」????
Weblog: 鉄人ママの社長ブログ
Tracked: 2005-11-09 09:00

「皇室典範に関する有識者会議」
Excerpt: 「皇室典範に関する有識者会議」に関してはブログ上でもいろいろな ご意見があるなぁ・・・とおどろきました。 ここまで一般の注目が高いのが意外だというのも、自分の関心が うすいからかなぁ~。はい、庶..
Weblog: 晴れのちくもり
Tracked: 2005-11-09 09:46

女性と女系
Excerpt: ここのところTVニュースや新聞など各メディアは皇室のお世継ぎ問題で賑わっています。 正直なところ、私も「女性天皇」と「女系天皇」についての違いや、これまでの世継ぎの経緯、皇室が皇室たる所以など含..
Weblog: DAISIN HOUSE DESIGN Architect office
Tracked: 2005-11-09 11:45

女性天皇と女系天皇の違いを正しく理解して
Excerpt: 小泉首相の私的諮問機関が2665年の歴史を無視して、女系天皇容認の方向でまとめようとしています。これを伝えるマスゴミも女性と女系の違いをごっちゃにして、「世論は女性天皇容認が大勢だ」などと報道していた..
Weblog: 大和ごころ。ときどきその他
Tracked: 2005-11-09 13:52

「日本会議国会議員懇談会」平沼赳夫会長が、女系天皇容認方針を「拙速」と批判
Excerpt: SANSPO.COM−社会★女系天皇は慎重審議を超党派の「日本会議国会議員懇談会」(会長・平沼赳夫元経産相)は1日、小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」の女系天皇容認方針を「拙速」と批..
Weblog: 子育てパパのホロデッキ
Tracked: 2005-11-09 20:55

女性天皇と女系天皇の違い。
Excerpt: 天皇問題が議論されていますね。 最近はちょっと影が薄くなっていますが とりあえず、よくわからないという方は http://www.geocities.jp/banseikkei/ こちらを見てくださ..
Weblog: とりあえず頑張るブログ
Tracked: 2005-11-10 12:20

どうも困ったもんだよ、最近の皇室報道…
Excerpt: 昨日は、流石に書いているうちに腹が立ってきて…わけのわからん文章へと流されてしまっていたような…(汗) 『皇室典範に関する有識者会議』と言う、日本の伝統の中心になる皇室の事を考える会議に、皇室に対して..
Weblog: 花餅屋廼徒然書附帖
Tracked: 2005-11-11 01:09

第12号 緊急記事~皇室問題は政治問題か~
Excerpt: 宮内庁長官が腐った発言をしている。どこまで皇室を虚仮にすれば気が済むのか!筆者は、今までにないほどの怒りを抱きつつ、今回の記事を書いた。
Weblog: 帝國愁報
Tracked: 2005-11-11 01:36

有識者を信じるなかれ
Excerpt: 有識者。自分が忌み嫌う言葉の一つである。 国や地方自治体が、何かの政治的課題を諮
Weblog: 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部
Tracked: 2005-11-11 23:32

皇位継承について。
Excerpt: 皇位継承について本日のニュースは女性天皇か女系天皇かつまり天皇の男系血統をやめるかということに問題点があるといっている。
Weblog: ウブドちゃん かく思う。
Tracked: 2005-11-12 01:39

女系天皇?女性天皇?
Excerpt:  最近、「女性天皇を…」「三笠宮なんたらが疑問視」「後継は長子優先」と皇室関連の報道が続いているが、正直興味はなかった。国税で悠々生活し、皇族がどこかへ出かける度に大量の護衛やら交通規制やらで迷惑千万..
Weblog: 野良里蔵狸 -norakura-
Tracked: 2005-11-14 15:00

女系天皇
Excerpt: 先月25日に皇室典範に関する有識者会議が出した女性・女系天皇容認の結論が議論をまき起こしています。 MSN-Mainichi INTERACTIVE 皇室女性・女系天皇容認:千数百年の伝統大転換 有..
Weblog: 丘の上の雲
Tracked: 2005-11-15 17:00

皇統をつなげた人「トヨケカミ」その2
Excerpt: さて、第6代アマカミ「オモタル」さんの時代。 気候の変動による農作物の減収。地域
Weblog: びーちぇの「ヲシテのクニ」
Tracked: 2005-11-16 00:31

皇室典範改悪を疑問に思っている人々
Excerpt: 御先祖さまが守り続けてきた、世界最古の王朝がいま、断絶させられようとしています。歴史にも伝統にも無関心・無知識な少数の人たちが密室での会議で重大な決定をしてしまいました。 私には 「法隆寺を燃やせ」..
Weblog: 日々雑感
Tracked: 2005-11-23 22:49

「女系天皇」って?
Excerpt: 女性が天皇になってもいいか?という問題が近年言われ初めて、私は素直に「いいでしょ
Weblog: オモイ@michio.com
Tracked: 2005-11-24 00:33

女の天皇陛下
Excerpt: 女性の天皇陛下についてどう思うか、なんてテレビでやっていると、あああそこの家も「お子さんは、お子さんは?」って永いこといわれていて、やっと生まれてよかったねと思っていたら「次は男の子よね、男の子よね」..
Weblog: 柴原企画2005
Tracked: 2005-11-24 06:51

女系天皇について所感。
Excerpt:  極端な話になりますが 天皇が女系になって 何が困るかを具体的に説明できる人は少ないと思います。 (僕も、男系のほうが良いと思いますが  女系で何が困るかを説明はできません??
Weblog: いーじすの前途洋洋。
Tracked: 2005-11-24 23:39

安易過ぎるのではないか。
Excerpt: チェスの5秒指しというが。 (色々熟考しても最初に考えた指し手に8割強の確率でなる。) 皇位継承は長子優先 有識者会議で方針一致  小泉純一郎首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(座長..
Weblog: 親父の威厳BLOG.ver
Tracked: 2005-11-25 08:32

『春の雪&皇位継承について』
Excerpt: 本日映画春の雪を見に行きました 許されない恋のお話です。 最後どうなったのか謎ですがせつないお話でした (ネタバレ注意 身分の違う二人の男女 竹内結子、妻夫木聡が主演です さとこさん..
Weblog: RUHA AREA
Tracked: 2005-11-25 09:51

男系?女系?
Excerpt: もちろん、女性天皇容認の話。 なんとなーく関心はあるものの、イマイチ女系と男系の
Weblog: みおぽんのへや
Tracked: 2005-11-25 11:39

ゆらぐ「万世一系」〜女系天皇をめぐって〜
Excerpt: 皇位継承のあり方を議論する有識者会議の 最終結論が出た。 第1子優先、とすることから、女性天皇が容認 されることはほぼ固まった。 つまり、今後男子が誕生しても、皇位継承順位として は皇太..
Weblog: 虎哲徒然日記
Tracked: 2005-11-25 18:24

モダンタイムス+
Excerpt: 有識者会議、女性天皇容認の報告書・愛子さま継承順位2位に(NIKKEI NET) これは全然だめだと思うんですけど、今の皇族はまるで呪われているかのように見事に男子がひとりもいないので、仕方がな..
Weblog: [*] 多事争論 --News ITE LifeStyle--
Tracked: 2005-11-25 19:08

皇室典範改正〜私は天皇陛下が女性でも、国民から愛される人格者であれば違和感はない
Excerpt: 「女性・女系天皇は不可欠」有識者会議が報告書 [皇室典範報告]「平易に説いた男系維持の難しさ」 皇位継承、長子優先「女系」を容認  有識者会議報告皇位継承 時代が求めた女系天皇 『皇室典範..
Weblog: 40代の私にとっての最新情報・重要ニュース
Tracked: 2005-11-25 19:13

女系天皇
Excerpt: 女系天皇・女性天皇問題がアツい。ちょっと考えてみよう。 ○すごーく大ざっぱな流れ - 皇太子殿下、秋篠宮殿下に(その他の親王殿下にも)男児がいない。今後生まれる可能性は微妙。(家系図:AllAbout..
Weblog: K blog
Tracked: 2005-11-26 09:29

女系天皇容認に疑問〜とどのおしゃべり
Excerpt:  今日は寛仁親王殿下が会報に載せられた『ひとり言』をご紹介する。 読売新聞が「三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセー」なる誤報記事を書いたため、いまだに皇位継承の問題点が解っていない人が多..
Weblog: 悪の教典楽天市場店
Tracked: 2005-11-27 02:51

「女系天皇」って?
Excerpt: 女性が天皇になってもいいか?という問題が近年言われ初めて、私は素直に「いいでしょ
Weblog: オモイ@michio.com
Tracked: 2005-11-27 02:52

女系天皇
Excerpt: 少子化問題がテーマの朝生を気分良く見ていたら、終わり10分ほどになった際に女性天皇制に関する話題となった。 新しい歴史教科書作る会会長の八木さんが女系天皇制に関する問題点を挙げていたときの他のパネラー..
Weblog: ○世○○○○○○○め○
Tracked: 2005-11-29 03:08

朝日新聞が天皇制破壊に動く。
Excerpt: 『朝日新聞は26、27の両日、全国世論調査を実施し、「女系天皇」の是非について始めて聞いたところ、「認めてもよい」との答えが71%に達した。男系、女系を問わず「女性天皇」については、78%が支持した..
Weblog: ウブドちゃん かく思う。
Tracked: 2005-11-29 03:10

靖国神社参拝強行と女性・女系天皇反対に見る、「唯一無二の美しい日本」
Excerpt: 皇室典範改正をめぐる混乱が、靖国神社参拝をめぐるそれと似てきているようです。 靖国問題について言えば、かつて軍国主義のシンボルであったという「常識」を、「小さな島国が欧米列強に脅かされながら、み..
Weblog: Make Your Peace
Tracked: 2005-11-29 19:31

女性天皇・女系継承の容認でいいのか
Excerpt:  小泉首相の私的諮問機関である「皇室問題に関する有識者会議」は、11月24日、首相に報告書を提出しました。その内容に危機をもった人々が、30日「皇室典範を考える集い」に参集しました。私も国民の一人とし..
Weblog: ほそかわ・かずひこの BLOG
Tracked: 2005-12-02 12:31

男系図・女系図。それらに尊卑の差が無くとも…
Excerpt: 「皇統神聖視」という立場から発言している限りは、決して、 女帝・女系を混同した「男系男子=男尊女卑」盲信者を 説得することは不可能だろう。
Weblog: 猫のあしおと
Tracked: 2005-12-06 07:28

女系天皇問題
Excerpt:  家系図からみると女系天皇を認めることは、天皇制の瓦解を意味するそうだ。 「エクソダス2005《脱米救国》国民運動」さんのエントリーを見ると分かる。 「すべての(少なくともほとんどの)日本国民は潜在..
Weblog: あくてぃぶ・そなあ
Tracked: 2005-12-06 20:11

「皇室典範を考える集い」に行ってきた。
Excerpt: 「皇室典範を考える集い−「有識者会議」の見識を問う−」 11月30日(水)場所は、虎ノ門の駅から5分、ニッショーホール(日本消防会館)が会場、この会場の直ぐ隣の道は、仕事で通るので直ぐに分かった..
Weblog: 憂国、喝!
Tracked: 2005-12-09 08:26

はじめに
Excerpt:  皇室典範会議から報告書が出され、近い内に国会への改正案提出に向けて準備に入った...
Weblog: 皇統断絶問題TBセンター
Tracked: 2005-12-18 01:15

皇室典範はまだ変えないで-3-
Excerpt: 日本会議国会議員懇談会 が政府の改正案への対案を提出する方針を固めました。 そして小泉首相は「自由に討議したらよい」とのこと。 一歩前進したが、国民の多くはこれがそんなに重要なことと思ってい..
Weblog: これが最高ブログだ
Tracked: 2005-12-18 12:17

女帝・女系・女性天皇ってどう違う?
Excerpt: 上記についてのトラックバック募集中  ...
Weblog: 皇統断絶問題TBセンター
Tracked: 2005-12-18 17:09

寛仁殿下「文藝春秋」でのご発言
Excerpt:  三笠宮寛仁(ともひと)親王殿下の独占会見「天皇さま その血の重みーーなぜ私は女系天皇に反対なのか」(『文芸春秋』平成18年2月号)を読みました。  聞き手はジャーナリストの桜井よし子氏です。  ..
Weblog: ほそかわ・かずひこの BLOG
Tracked: 2006-01-10 19:08

皇位継承問題を考える
Excerpt: 人気ブログランキング参加中です。まずは応援の儀式からお願いします。 私は最近この話題がマスコミに登場するまで、「男系」と「女系」の違いもよく知りませんでした。「女性」と「女系」をごっちゃにしていまし..
Weblog: 「専業主夫」はやっぱりやめられない?
Tracked: 2006-02-05 10:56

女系天皇について考える 2
Excerpt: コメントをいただいたので再度。 >125代男系で通した、それは凄いことですが、結局そこに拘るしか皇室の存続価値がないのかもしれませんね まずこの見解が全く違うので・・。 先人が色んな知恵..
Weblog: おばさんの等身大
Tracked: 2006-02-17 22:04

皇位継承問題
Excerpt:  秋篠の宮紀子様ご懐妊の吉報に、女性天皇を認める皇室典範の改定をはじめとする皇位...
Weblog: スタッフおすすめサイト集@freshEYE
Tracked: 2006-03-07 14:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。